エニアグラム 子供 部下

子供や部下を伸ばすために必要な2つのこと

投稿日:

20160629_子供や部下を伸ばすために

昨日、自己想創カフェにご参加頂いた方が、

何度も言われていたのが、

 

平面だと思っていたものは、

立体だったことに驚きでした!

おかげで、今まで自分で気付かなかったことが、

そうだったのか!とわかって、スッキリしました。

 

ってことでした。(^o^)

 

そうそう、エニアグラムは、立体的なのです。

だから、その人の成長した状態がわかるんです。ww

 

 

こんにちは!

「人を育てる人」を育てる 未来を創るコーチ にいみひろこです。(^-^)

 

 

普通の性格診断は、

あなたはこういう人です。

って言われてしまいますよね。

 

だから、決めつけられている気がして、イヤだ

という人も多いと思います。

 

エニアグラムも「タイプ分け」と思われがちなんですが、
かなり違うと思うんです。
(ただ、タイプ分けとして使っている人が多いです。)

 

エニアグラムには深さがあります。

単に平面的なタイプの特徴というだけではなく、

深さが、そのタイプの健全度のレベルっていうものを表しているんですね。

 

 

エニアグラムは、

あなたをタイプという「箱」に入れるものではなく、

あなたが既に入っている狭くて小さな「箱」から抜け出るためのものなんです。

 

 

深さがあるので、

その「箱」から抜け出した後の状態もわかるんです。

 

 

これは、どういう意味があるかというと、

あなたや、その人が、
今後どんな人になるか、

その可能性が見えるということなんです。

 

 

あなたは、お子さんや、部下の方を

伸ばしてあげたい

と思いませんか?

 

人を伸ばすときに必要な2つのことご存知です?

1) その人はできると、指導者が信じている

2) その人に合った関わり方をする

 

1)は、ピグマリオン効果として、有名です。

教師期待効果とも呼ばれます。

コーチングの関わり方も同じなんです。

 

エニアグラムでは、

その人の(タイプの)成長した姿がわかるので、

当然、「できる」と信じることができるわけですね。

 

 

2)は、まさにエニアグラム。

その人の(タイプの)特徴として、

大切にしていること
恐いこと
やってしまいがちなこと
どうすれば抜け出せるか

を、その動機から理解できるので、

単にやり方を覚えるという HOW TO ではなく、

その人に合った関わり方ができるのです。

 

指導者が自分の価値観を押し付けがちなことを知って、それをやめ、

その人の価値観に合った関わり方をする

 

それは、つまり、

その人の価値観を知るのと同時に、

指導者が自分の価値観を知ることが必要だということです。

 

でも、それが、その人のモチベーションを上げるのに

とても大きな役割をします。

 

あの「ビリギャル」の坪田先生の指導にも用いられている
エニアグラムは、

この1)、2)の両方を併せ持っているので、

人を伸ばす、成長させる

のに、とても優れているってわけなんです。ww

 

 

8月より、エニアグラム講座を始めます。
⇒ http://landingspace.jp.net/FILES/ennea/enneaSL_02.pdf

6月中(明日まで)、
メルマガ読者は早期割引中です!

 

~*~*~*~*~

「人を育てる人」を育てる
未来を創る コーチ にいみひろこ

自分の未来は自分で創ろう

「人を育てる(育成する)」役割の人が、
自分自身をますます輝かせながら、
相手をどんどん輝かせていくために、

エニアグラム

催眠コーチング

ビジネスプロモーション

でサポートしています!

 

活動理念:
活き活きと、内面からきらきら輝く人たちで、
いっぱいの社会をつくる!

 

メルマガ「コレがわかると、人生は変わる!」
ご登録まだの方は、こちらからどうぞ。(^-^)
⇒ http://landingspace.jp.net/WP/mailmagazine/

育て方・伸ばし方のコツ、
生き方のヒント、
イベント情報等お伝えしています。

 

ご提供メニューは >>こちら
近日中のイベントは >>こちら

~*~*~*~*~

-エニアグラム, 子供, 部下

Copyright© エニアグラムできらきら輝く人を育む@にいみひろこ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.