エニアグラムできらきら輝く人を育てる  @にいみひろこ

組織活性、人材育成、教育、子育て、自己成長、人間関係、親子関係 に、エニアグラムの知恵を活かし、コーチングでプロモート

*

変わろうとするとき

   

20190503_変わろうとするとき

 

前回、「変わるもの変わらないもの、変えるもの変えないもの」という記事を書きました。

 

今日は、

自分が「変わること」を決めたとき、
自分に起こることを知っておくと、
くじけにくくなるよ。

という話です。ww

 

これを知っておくと、
かなりラクになりますから、
ぜひ、覚えておいてほしいと思います。

 

 

変わろうとするときには、
「ホメオスタシス」が起こってきます。

ホメオスタシスというのは、
簡単に言うと「元に戻ろうとする力」のこと。

今までの慣れ親しんだ状態に戻ろうとする力が必ず働きます。

それは、個人レベルから宇宙レベルまで、
どんなレベルでも起こるものです。

 

個人レベルでの典型的な例は、
「ドリームキラー」が現れること。

夢を語ると、やめろと言われる
お前にはムリだ、現実をみろと言われる

「変わろう」と決心したのに、
夢を追いかけようと決心したのに、

「やっぱり、やめた方がいいよね…」と思わせる状況が起こるんです。

そこで諦めてしまうように(元に戻るように)
世界が働くのです。

 

これは、もう、びっくりするほど。

 

 

ドリームキラー対策は、

①やめろと言われても諦めない覚悟
②その場、その人から離れる
③ドリームサポーターと一緒にいる

ということなんですが、

 

ここで気付いてほしいのは、
一番のドリームキラーは「自分」だということ。

 

決めたことができなくて、

どうしてできないの!?と自分を責めたり、

やっぱりできないんじゃ?
私にはムリなんじゃ?
昔からそうだもんね。

と、弱気になったり…

 

でも、それは、全て「ホメオスタシス」の働きです。

 

そんな状況がやってくるということです。

 

 

なので、そんな状況になったら、

あ~、来た来た!ホメオスタシス!!

と、笑っちゃってください。ww

 

自分を、元の状態に引き戻そうとしている働きがあるだけなので、
それを知って、受け流しましょう!

「はいはい、わかってるよ。
私を、引き戻したいわけね。

そうはいきませんからね。」

って。(^O^)

 

もう、これは、真剣に悩んだって仕方がないのです。

気分を切り替え、笑い飛ばすぐらいでちょうどいいのです。

 

 

でも、なかなか笑い飛ばせないなら、
ぜひ、ドリームサポーターと一緒にいる時間を長く取ってください。

できれば、定期的に取るのがいいです。

 

 

一番のドリームサポーターは、コーチです。

あなたの夢の実現を、
あなた以上に信じています。

だって、実現するに決まっているから。ww

 

 

ホントかな?

と思う方は、ぜひ、体験セッション受けてみてくださいね。ww

 

体験セッションを申し込む

 - マインド